富士カガク

product

製造工程

製品によって製造工程は異なります。
当社は大きく分けて3つの方法で製造しております。

MANUFACTURING PROCESS 3.高機能性フィルムの製造工程

製造方法としてはポリエチレン製品と似ています。ポリエチレン製品と違うのは、複数の樹脂を
混ぜ合わせずに多層のフィルムを作る点。通常のフィルムよりも高機能なフィルムを製造できます。
当社は平成6年に「3層インフレーション機」を導入し、3つの異なる樹脂から1枚のフィルムを製造できるようになりました。
高機能性フィルムは一般的に袋にすることはありません。
フィルムそのものを出荷します。

高機能性フィルムの製造工程

MANUFACTURING PROCESS

01

原料

まず、3つの性質の異なる原料を仕入れます。これらは混ぜ合わせることはせず、それぞれ別々の原料として扱います。

原料

MANUFACTURING PROCESS

02

押出(3層インフレーション成形)

3つの原料はそれぞれ押出機という機械へと送られます。押出機も3つあり、それぞれの原料は混ざることはありません。押出機のスクリューの熱と圧力により、それぞれ原料は溶かされ、「ダイ」と呼ばれる所から3層のチューブ状になって出てきます。そのチューブの中に空気を吹き込み、風船のように膨らませる事で薄く引き延ばされ3層のフィルムになります。

組み合わせにより無限の可能性

複数の樹脂を組み合わせることで、1枚のフィルムでありながら、複数の機能を付加することができます。例えば、色の異なる樹脂を組み合わせれば、表裏で色の違うフィルムができます。異なる性質の樹脂を組み合わせることで、今まで実現できなかった夢のフィルムを作る事も不可能ではありません。

EXTRUDER 押出

押出

原料

MANUFACTURING PROCESS

03

冷却(ブロー冷却)

膨らまされたチューブ状のフィルムは、冷たい空気によって冷却されます。

04

トリミング

チューブ状のフィルムは平たくつぶされ、耳(端の部分)をカットして、2枚のフィルムへと分けられます。

05

巻取

2枚に分けられたフィルムはそれぞれローラーによって、巻き取られ、2本の原反(げんたん)となります。

巻取

MANUFACTURING PROCESS

06

梱包・出荷

高機能性フィルムは袋にすることはほとんどありません。原反のまま梱包され、出荷となります。

梱包・出荷

品質管理

「やるからには、徹底的なモノづくりを」。これが当社の品質に対する考え方です。
当社の高瀬工場は軟包装衛生協議会の認定工場に指定されており、以下のような設備によって、
お客様に安心していただける品質を守り続けています。